第4話 納品をお手伝い、継手の材質いろいろ

「配管材の主な材質」

一般的な金属の配管は大きく分けると2種類の材質、炭素鋼とステンレス鋼に分類される。
成分・製法によって同じ炭素鋼(ステンレス鋼)でも多くの種類があり、使用する条件や用途によって数ある材質から適正なものを選定する必要がある。

代表的な材質には以下のようなものがある。
炭素鋼…SGP、STPG、SS400、S25C、FCMBなど
ステンレス鋼…SUS304、SUS316、SCS13Aなど

炭素鋼とステンレス鋼の大きな違いはその耐食性にあり、炭素鋼よりもステンレス鋼の方が耐食性が高い。
基本的に炭素鋼は硬度、ステンレス鋼は耐食性で大まかに分類されている。
※耐食性とは腐食(錆びにくい)に強い特性があることを言う。

本編でも言ったけど炭素鋼はステンレス鋼と比べると安価で加工がしやすいんだ。
だから何回も交換するような場所にはよく炭素鋼が使われてるよ。
逆に、あまり交換できない場所や海の近くの錆びやすい場所等では錆に強いステンレス鋼がよく使われてるんだ。

ちなみに、一般的にステンレスは錆びないと言われているけど、「錆びない」わけじゃなくて、「錆びにくい」材質だから覚えておいてね。
炭素鋼とステンレス鋼を見分ける方法としては、磁石につくかつかないかで見分けられるけど、中には磁石につくステンレス鋼もあるから気を付けてね。

  1. 第0話  配管商社に入社しました!
  2. 第1話  配管って何だろう
  3. 第2話  初めての同行営業、「ガス管」との出会い
  4. 第3話  呼びならわしって色々あるね
  5. 第4話  納品をお手伝い、継手の材質いろいろ
  6. 第5話  継手のカタチもいろいろ
  7. 第6話  継手の「継ぎ方」には種類があるよ
  8. 第7話  フランジ接続、英語でFLANGE
  9. 第8話  バルブってどんなもの
  10. 第9話  バルブの種類と役割
  11. 第10話  配管って、面白いかもしれないぞ
  12. 第11話  パイプ工場にやってきた その1
  13. 第12話  パイプ工場にやってきた その2
  14. 第13話  間違えちゃダメ、規格を確認しよう
  15. 第14話  家にもあるぞ塩ビ配管
  16. 第15話  フランジの相棒・ガスケット