第12話 パイプ工場にやってきた その2

「パイプの製造その2」

配管用鋼管は製造方法によって大きく2つに分類される。
継ぎ目が無いシームレス(継目無し)鋼管と、板を円形に丸め両端を溶接して管に加工する電縫鋼管である。
作中にあるマンドレルミル方式によって製造されたものはシームレス鋼管にあたる。
シームレス鋼管は文字通り継ぎ目が無い為、電縫鋼管と比べ高い圧力での使用に適している。

鋼管の外面にはステンシルと呼ばれる、種類やサイズを表す刻印が打たれる。
シームレス鋼管を「S」、電縫鋼管を「E」と表記し、ステンシルではSTPG370-SやSGP-Eと刻印されている。

鋼管には決められた長さ、5.5mと4mがあって、それを定尺と呼ぶんだ。
なぜその長さになっているかと言うと、昔の鋼管メーカーの最大製造寸法が11mで、配送面を考慮して半分の5.5mに決められたと言われているんだよ。
その後、5.5mでは配送や作業効率などから、時代に合わなくなったとする声が出はじめて、4mも追加されたと言われているよ。

  1. 第0話  配管商社に入社しました!
  2. 第1話  配管って何だろう
  3. 第2話  初めての同行営業、「ガス管」との出会い
  4. 第3話  呼びならわしって色々あるね
  5. 第4話  納品をお手伝い、継手の材質いろいろ
  6. 第5話  継手のカタチもいろいろ
  7. 第6話  継手の「継ぎ方」には種類があるよ
  8. 第7話  フランジ接続、英語でFLANGE
  9. 第8話  バルブってどんなもの
  10. 第9話  バルブの種類と役割
  11. 第10話  配管って、面白いかもしれないぞ
  12. 第11話  パイプ工場にやってきた その1
  13. 第12話  パイプ工場にやってきた その2
  14. 第13話  間違えちゃダメ、規格を確認しよう
  15. 第14話  家にもあるぞ塩ビ配管
  16. 第15話  フランジの相棒・ガスケット
  17.   16話「ボルト・ナット」
  18.   17話「フランジの形状」
  19.   18話「フランジの呼び圧力」
  20.   19話「初めての後輩」