第22話 スケジュール

スケジュール

鋼管は外径だけではなく、厚みに関しても規格として定められている。
特に配管用鋼管の多くはスケジュール番号(Schedule No.)方式として体系化されている。
頭文字のSchを取り、Sch40、Sch80~と表す。

スケジュール番号はパイプにかかる圧力と、使用温度でのパイプの抵抗力の最大値(許容応力)で決まり、以下の計算式から求められる

スケジュール番号=(設計圧力㎏/㎠÷設計温度におけるパイプの許容応力kg/㎟)×10
設計温度100℃、圧力を38㎏/㎠とし、パイプにSTPG370-Sを使用する場合は、JISでは許容応力=9.5 kg/㎟となるので、
(38÷9.5)×10=40
となり、Sch40以上のパイプを使用しなければならないということが分かる。
外径が違っていても、同じスケジュール番号であれば同一条件で使用できる。

・配管スケジュール表(主に使用されることの多いと思われるパイプの外径と肉厚)

タオカくんにはスケジュールの詳しい説明はしていなかったよね。
スケジュールはなんだか難しそうだけど、番号が大きくなれば厚みも増して、耐えられる圧力も高くなっていくっていうことなんだよ。簡単だね!
ちなみに作中でも言っていたけどSch40、Sch80は、ほんとによく使われるから、ガス管みたいに独特な呼び方「スケヨン」、「スケハチ」なんて呼ばれているよ。

  1. 第0話  配管商社に入社しました!
  2. 第1話  配管って何だろう
  3. 第2話  初めての同行営業、「ガス管」との出会い
  4. 第3話  呼びならわしって色々あるね
  5. 第4話  納品をお手伝い、継手の材質いろいろ
  6. 第5話  継手のカタチもいろいろ
  7. 第6話  継手の「継ぎ方」には種類があるよ
  8. 第7話  フランジ接続、英語でFLANGE
  9. 第8話  バルブってどんなもの
  10. 第9話  バルブの種類と役割
  11. 第10話  配管って、面白いかもしれないぞ
  12. 第11話  パイプ工場にやってきた その1
  13. 第12話  パイプ工場にやってきた その2
  14. 第13話  間違えちゃダメ、規格を確認しよう
  15. 第14話  家にもあるぞ塩ビ配管
  16. 第15話  フランジの相棒・ガスケット
  17. 第16話  ボルト・ナット
  18. 第17話  フランジの形状
  19. 第18話  フランジの呼び圧力
  20. 第19話  初めての後輩
  21. 第20話  流体と配管
  22. 第21話  フランジと呼び径
  23. 第22話  スケジュール